うなぎ

すっぽんの妖怪伝説について

近年、妖怪をテーマにしたアニメが子どもたちの間で大人気ですね。
その中でも同じようなものが登場するのですが、それが、今や高級食材として愛されている『すっぽん』です。
このすっぽんには、伝説があります。

昔すっぽんを調理しようとした武士がいました。
力のあるその武士は、沼から引き揚げてきたすっぽんを殺して食べてしまった。
すると武士とその家族が原因のわからない病にかかり死んでしまった…こんな伝承です。

もちろん、当たり前ですが現代すっぽんを食べたからと言って不治の病に悩まされることは(おそらく)ありません。
それどころか今は高級食材として知られ、刺身、鍋料理、から揚げなどに調理されたり、精力剤としてすっぽんの血も有名です。
血は特徴的なにおいや味がしますが、刺身や鍋料理はとても美味です。
高級料理店でも扱うほどの逸材です。

このすっぽん、なぜこれほどまでの人気があるのでしょうか。
その一つに、鼈には高い栄養価があります。
すっぽんには多くのミネラル、タンパク質、カルシウムなど人間の健康を促進する栄養素が含まれています。
しかし現実的に考えてすっぽんを毎日食べるというのは難しいですね。
ですから、エキスを含んだサプリメントhttp://www.takara-nn.jp/kokusann.htmlを用いるなら、より健康的な毎日を送ることができます。

このページの先頭へ