うなぎ

すっぽんとうなぎで起こる効果

グルメ番組を見ていると、高級食材が出てきては、自分には手の届かない食材…でも体によさそうで美味しそう…と感じることがありますね。
『高級』とは名がつくものの、果して何故高級なのか?と考えることは無いでしょうか。

もちろん収穫量が希少であったりある地域でしか取れない幻の品…ということもあり得ます。
そしてその食材が含む、多くの栄養素が『高級』でもあるのです。

その食材の例が『すっぽん』や『うなぎ』です。
どちらかと言えばうなぎの方が日本人にとっては親しみがあるでしょうか。
すっぽんは亀の仲間ですが、なかなか食べる機会が無いため、これを食すること自体に抵抗がある方も多いかもしれません。
しかし、この二つに共通しているのは、多くの体に良い栄養素を含む、ということです。

すっぽんは『血剤』http://www.colornet.jp/tukuridasu.htmlとして知られています。
血剤とは血を作り出すはたらきをするのですが、心臓病や貧血に伴う様々な病気のリスクを低下することにも貢献します。
もちろんうなぎも、血液の循環を良くする(サラサラにする)効果があることが知られていますね。
そしてこの二つの食材に共通するのは、『精力剤』としての効果です。
男性が持っている機能を補い、より健康的で活発な毎日を送ることができます。


このページの先頭へ