うなぎ

すっぽんの歴史の詳細

亀と言えば、長生きする生き物として有名ですが、亀の仲間として有名なものが、『すっぽん』です。
すっぽんは高級食材として知られていますが、鼈の歴史は縄文時代にまでさかのぼると言われています。
日本ですっぽんが初めて食用とされた時期は明らかではありませんが、江戸時代には既にすっぽんが食用として用いられていたようで…そのころは今みたいな『高級』というイメージではなかったかもしれません。

しかし世界に目を向けてみると歴史はもっと古く、中国では古来より栄養源としてすっぽんが多く食べられていたとのこと。
今では中国や日本に限らず世界でこのすっぽんを使った高級料理が考案されています。

こんなにも歴史が古いですが、やはり昔からその高い栄養価については語られるところが多かったようです。
すっぽんにはタンパク質やカルシウムなど、人間の健康に欠かすことのできない栄養価が含まれており、鼈は健康食材としても有名です。
どうにかしてこのすっぽんの恩恵にあずかりたい…という人には、すっぽんエキスを含んだサプリメントが良いでしょう。

美味しい料理、美味しい食材、それらには必ずしも何らかの歴史や文化があるものです。
そういったことについて考えながら、食事を行うのも楽しいかもしれませんね。
みなさんもすっぽんで健康生活始めてみませんか。


このページの先頭へ